No2174 豆弁赤花

豆弁
07 /02 2017
先の吉祥檸檬と同じCDに入っていた写真
 20年くらい前、豆弁の赤花が現れ始め人気の出てきたころ、花鳥市場で見かけ購入した。それ以前、何代目かの奥地蘭協会会長やMさんらが真っ赤な蕾の豆弁を道端で買って来て夜ホテルで皆に披露した。詳細にみるとボンドで着色した蕾をくっ付けてあった。そんなことが一瞬頭をよぎったがあまり高くなかったので気に入ったものを数株買った。
  a        b        c1        c2
 a_20170701181743e05.jpg  b_20170701181746ee5.jpg  c1_20170701181747162.jpg  c2_201707011817482fa.jpg
 d 
 d_20170701181749d91.jpg
 ホテルで何度見ても怪しいところは見当たらなかった。。dは朶朶香かなと思ったが。。帰ってからも萎れることなく結構長く花を楽しんだ。
 翌年以降、皆青の並花が咲いた。。。見事というほかなかった。。。いまだに何種かは青花を見せてくれる。。
 それから何年か後に中国のサイトで(確か雲南蘭花網だったと思うが。。)写真とともに詐欺に注意という記事が載った。
 e_20170701183908141.jpg   f.jpg   g.jpg
 懐かしい思い出ではある。。

No2172 吉祥檸檬

豆弁
06 /30 2017
 古いCDが見つかったので画像を開いたら購入時の吉祥檸檬が出てきた。
 吉祥檸檬1   吉祥檸檬2   吉祥檸檬3
 15年ほど前、友と二人で昆明の蘭展を覘いた折り、ひな壇中央の黄花に眼が行った。元々黄花が好きだったのでこれは見逃せないと早速蘭主と控室で交渉開始。一枚目。
 仲介の土産公司張女史に値切ってくれと頼んだが、頑として言い値を譲らず。公司が2,3倍上乗せしていることを知っていたから粘ったが寄り切られた。同行の友にこんなものをそんな値で買うなんて信じられないとあきれられたが上の空。。
 嬉しさが冷めやらずホテルでパチリ。2,3枚目。朶朶香だという説明に何の疑いも持たなかったが後に豆弁ではと思いだした。(以前紹介しました。)

No2153 新芽 吉祥葵花

豆弁
06 /13 2017
 これも数人にわたりこの株だけになってしまった。。元気に奴で上がってきた。
 IMGP5938.jpg  IMGP5940.jpg
 昨年だったか。。蘭友より「関東では別な名で流通し豆弁じゃないかと言われてますが。」とメールを頂いた。何時誰に譲ったか定かでなく、それがどう広まったか知る由もないので同じものかどうかわからない。しかし言われてじっくり見たら葉の付けがないし、葉も細く薄くなってきているような。。吉祥檸檬もそうだったが現地で見た時は葉幅を引き葉肉があり、花はいかにも朶朶香そのものだったので売主の言葉を疑いもしなかった。当時(90年代初め)ようやく豆弁の良いものが展示会に並び始めていた。月輪タイプのものやまん丸で分厚いタイプのものも数点買ったが皆枯らしてしまった。。まだ朶朶香と豆弁の違いもはっきり認識されていなかった。朶朶香と豆弁の自然雑交種「香豆弁」の話を聞いたのもその頃だったかなあ。。葉が細く、根が太く花がそら豆の双葉のように丸く分厚いものが豆弁だと言われていた。
 思い込みとは恐ろしいもので疑ってもみなかった。。すみません。訂正します。

No2024 吉祥金冠

豆弁
03 /03 2017
 今年は2花着いてくれたが、やや寂しい花だなあ。。
 IMGP4901.jpg IMGP4902.jpg IMGP4903.jpg IMGP4904.jpg
 以前咲いたように、あるいはそれ以上に花弁が広く覆輪が深く入ると良いのだが。。何か方法があるのか、それとも自然に任せるより仕方ないのか。。もっと研究熱心だったらあれこれやるのだろうが。。

No2022 豆弁副弁蝶

豆弁
03 /02 2017
 この蘭も名前がない。。今年は3花着いて小ぶりな花になった。
 IMGP4884_20170302080549a2c.jpg   IMGP4885_20170302080551ccf.jpg   IMGP4887_201703020805517ad.jpg
 早めに室内に取り込んで咲かせたせいか、例年より花弁の緑が濃く良い感じだ。。