No2081 山の賑わい

朶朶香
03 /31 2017
 枯れ木も山のなんとやら。。雲南へ行きだした当初、三番目に持ち帰った朶朶香。
 IMGP5290.jpg   IMGP5291.jpg
 どうということもない花だがあちこちへ散らばり、残りを捨てきれない。。頑張って花を見せてくれるから。。

No2053 十字星

朶朶香
03 /19 2017
 こういったタイプの花は年によって、あるいは株の充実度によっていろんな咲き方をするようだ。。
 十字星 IMGP5151.jpg IMGP5152.jpg IMGP5153.jpg 
 この花は十字、二枚舌だがもう一花はどうだろうか。。

No2020 朶朶香兜咲き開花

朶朶香
03 /01 2017
 元々、この花を見て入手した。
 兜花
 ようやく開花
 IMGP4896.jpg IMGP4897.jpg IMGP4898.jpg IMGP4899.jpg IMGP4895.jpg
 購入前の写真と全然違うなあ。。吉祥虹梅(四川春蘭)と同様いろんな咲き方をするのかもしれない。捧心の兜はほとんど認められず先端が鼻頭を包むように抱えている。
印象としては朶朶香というより、四川の冠神タイプの花のようである。ただ冠神は通常2~3花咲きとのことだから別物と思う。花型も違うし。。
冠神
産地:都江堰市向峨郷、1995年山採り。都江堰市の高名な愛蘭家莫岱祥氏が買いだした。誠心誠意栽培に努め開花を見た。魏教授の命名。
1997年第七回蘭花博覧会にて特別金賞を受賞。後に第12回、15回博覧会でも金賞を受賞。
 この蘭は通常一茎に2~3花をつけ、花茎は高く伸びる。紅複色の梅弁で花が大きく色鮮やかである。五色の色が入り交って美しく目を奪われる。見る人全てがこれを好み四川を代表する名品である。
 捧心の兜はあまり明らかでなく、花弁は広く、また時に細く波を打つ。梅弁あるいは荷弁、水仙弁という人もいるが軟捧心の複色飘梅という説明がぴったりくるようだ。
 冠神1 冠神2
 冠神3  冠神4  冠神5  冠神6

 この花がこの先どうなるか長い観察が必要かもしれない。。。

No2018 朶朶香多弁花

朶朶香
02 /28 2017
 以前、オークションで大株を割って花付きを売った折、発送時に花弁が多いことに気づいた。この株はその時の残り株で6枚弁となっている。
 IMGP4870.jpg   IMGP4871.jpg   IMGP4872.jpg
 今まで7枚が最多だがもっと増えるか?株が小さいので大きくして観察しよう。。

No2015 朶朶香兜咲き

朶朶香
02 /26 2017
 今は亡き三彩園が昆明より持ち帰ったもの。捧心に兜のある朶朶香。我が家では初花。間もなく開花。
 IMGP4866.jpg   IMGP4864.jpg   IMGP4865.jpg
 黄地に赤縞が見える。。さて咲いたらどうなるか。。