No2126 茶碗焼き直し

陶芸
04 /23 2017
 気に入らずたたき割ろうと軒下にほっていた茶碗を、試しに鉢と一緒に焼き直してみた。
1.
 IMGP5676.jpg   IMGP5677.jpg   IMGP5678.jpg
2.
 IMGP5679.jpg   IMGP5680.jpg   IMGP5681.jpg
 良し悪しは別にして、また茶碗として実用に足るかどうかは別にして、面白い焼き上がりとなった。色んな楽しみ方があるものだ。。。

No2123 香炉

陶芸
04 /21 2017
 昔作って気に入らずほこりを被っていた。何とか再生できないものかと。。
 IMGP5671.jpg  IMGP5672.jpg  IMGP5674.jpg  IMGP5675.jpg
 びっくりするほど?よいものになった。穴が小さいので香の火が消えるのではと試しにたいてみた。最後まで消えることなく良い香りを漂わせてくれた。。。俄然やる気が出てきた。。

No2119 古鉢焼き直しその5

陶芸
04 /19 2017
前回の続き
7.生地を見ると楽焼っぽいが釉が流れていない。。
IMGP5633.jpg   IMGP5634.jpg
おまけ 昔焼いた黒い香炉。同じ手法で焼き直し。。
 IMGP5635.jpg   IMGP5636.jpg

No2117 古鉢焼き直しその4

陶芸
04 /18 2017
前回の続き
7.これも岩石風となった。良い感じ。。元々の釉薬と馴染みにくいからこうなるのか??気泡ができ突起するようだ。。
 IMGP5627.jpg   IMGP5628.jpg

8.これは残雪風。下地の釉薬とよくなじむのかぶつぶつはできない。。
 IMGP5629.jpg   IMGP5630.jpg

9.釉薬が流れているから楽鉢だろう。。二つと同じものができない。。
 IMGP5631.jpg   IMGP5632.jpg

 先に蘭友に頼まれて焼き直したものは6個とも割れることなく、そこそこに仕上がったので喜んでもらえた。。

No2114 古鉢焼き直しその3

陶芸
04 /17 2017
前回の続き
4.蘭を植えた時によい感じかどうかは別にして結構お気に入り。
 IMGP5621.jpg   IMGP5622.jpg
5.元が楽焼だとどうしても釉が流れてしまう。。
 IMGP5623.jpg   IMGP5624.jpg
6.これはどこの鉢だろう?信楽でも楽鉢を作っているんだろうか??
 IMGP5625.jpg   IMGP5626.jpg