No 637 森源蘭蕙公司その25

森源蘭蕙公司
04 /10 2014
以下は森源蘭蕙公司栽培品種及び新品種です。

 k1.png   k2.png   k3.png

 k4.png   k5.png   k6.png

 k7.png   k8.png   k9.png

No 636 天地金星

中国春蘭
04 /10 2014
以前ご紹介した春蘭奇花素心天地金星一本新子付きが僅か100元で落札されてしまいました。競合者がいなかったようですが、あっという間に値が落ちるものですね。

http://www.hmlan.com/auction/auction_item_2014326154645984.htm

写真下の数字をクリックすると株の状態がわかります。

恋蝶店舗で3本200元というのを見かけたという人も。


No 635 森源蘭蕙公司その24

森源蘭蕙公司
04 /09 2014
以下は森源蘭蕙公司栽培品種及び新品種です。

 j1_20140408195202203.png   j2_20140408195202ba1.png   j3_20140408195204d04.png

 j4_2014040819523072e.png   j5_20140408195231eaa.png   j6_20140408195233df6.png

No 634 蘭の育て方その5 施肥

未分類
04 /09 2014
肥料のやり方
 鉢数が少ないと如雨露で充分ですが、一度に4~500鉢やるには何度も肥料を作るのが大変です。
45lポリバケツに肥料15~20g(ちょうど18gのスプーンがあったのでこれに擦切り一杯)入れます。水で一杯にします。
 風呂から洗濯機に残り湯を移すためのバスポンプ(ホームセンターで売っています。2~3000円)を利用してやります。

 001_201404081841152a7.jpg     pp_20140408184114a4f.jpg

 ストッパーの付いた取っ手は噴霧器のものを借用しました。ホースは園芸用の一番細いものです。棚が1,5m位ありますのでパイプの先に一回り細いアルミパイプ(外形5mm)を継いでいます。こうすると少なすぎず多すぎず、砂を飛ばすことなくちょうどいい加減の量が出ます。先が細いので葉の間からでも施肥でき便利です。鉢底からジャーと出るくらい遣ります。15分で100鉢位施肥でき、45lで150~200鉢ほど施肥可能です。(小さな春蘭鉢と5,6号の寒蘭鉢ではかなり違いますが)約一時間で400鉢位施肥できます。

粉末のものは底に粉が溜まりますがこれは遅効性のもので、やっても別に悪影響はないそうです。

No 633 浙江省蘭展

未分類
04 /08 2014
浙江省での蘭展の模様です。現地の蘭展の雰囲気を味わってください。
初めに少し広告が入ります。
速度が遅い時は下の歯車マークをクリックして清晰,流畅をクリックしてみてください。
ニコニコマークの左をクリックすると拡大画面になります。



 浙江省瑞安市第十回蘭花展

No 632 蘭の育て方その4

未分類
04 /08 2014
器具などの消毒、殺菌について

 002_2014040717265901f.jpg     001_20140407172701ab9.jpg


1)ハサミや再使用の鉢、また再利用の植え込み材など熱湯殺菌します。
15Lのポリバケツに水を張り投げ込み式湯沸し棒(ホームセンターで購入)で湯を沸かし一株ずつハサミを殺菌しながら根を処分します。

2)使用したプラ鉢、陶器鉢は熱湯で数十分殺菌します。

3)植込み材の場合まずバケツに電熱棒を入れ、上から使用済み土を一杯になるまで入れ、水を張ります。電熱棒のスイッチを入れ約一時間で煮沸殺菌できます。
 これをプラスチックの網かごに入れ数時間または一晩冷ましてから篩にかけ使用します。表土の青コケなども取れます。

4)その他長い間使用しなかった施肥用のポンプなどを熱湯に入れ十分ほど作動させホース内の掃除殺菌をします。

No 631 蘭の育て方その3

未分類
04 /07 2014
3)施肥
 次に肥料ですが4~6月はハイポネックスの粉末のもの( N-P- K=6.5-6-19)を2000倍~3000倍に薄め水と交互にやります。
(水遣りが月10回ほどでしたら、水だけが月5回、肥料は月5回になります) 7~8月は同じく液体のもの(N-P-K=6-10-5)を2000~3000倍でやり、9~11月はまた粉末のものをやります。(粉末のものはカリを多く含み株を丈夫にし、液肥はリンを多く含み花付きをよくするとあります。また液肥しか遣らない人もいますが特に問題はないそうです。)

 使用説明によると使用間隔はいずれも2週間となっていますから、私の場合少し遣りすぎかもしれません。しかしこの肥料の遣り方にしてから三年目ですが今のところ別に問題ないようです。少し心配な方は月2回になるように、水、水、水、水、肥料あるいは水、水、水、肥料のように自分の水遣りの間隔に合わせて施肥されたらよいと思います。

 早ければ半年後、あるいは一年半後結果が出ると思います。私の場合、寒蘭、蓮弁など芽だしの悪かったものが改善され、特に寒蘭は大きな新木が出るようになり花付きもよくなりました。

以上、植え方、水の遣り方、施肥の3点セットで秋まで観察してみてください。

よい結果が得られますように!!!  結果が悪くても責任は負いかねますので自己責任でお願いします。すみません。

No 630 森源蘭蕙公司その23

森源蘭蕙公司
04 /07 2014
森源蘭蕙公司開発育種の新しい品種

 l1.png   l2.png   l3.png

 l4.png   l5.png   l6.png

No 629 九華花芽4

九華
04 /07 2014
九華花芽 ラベルに6と書いてある。これは紫芽の九華だ。

 010_20140406164943852.jpg   008_20140406164943e3f.jpg   009_2014040616494298d.jpg

これもさてさてどんな花が咲くのか??

No 628 蘭の育て方その2

未分類
04 /06 2014
2)水遣り
 よく表土が乾いたらやるとか乾いてから1日待ってからやるとか言われましたが、これでは梅雨など季節によって、またそれぞれの鉢によって乾き具合が大きく違うので管理が大変です。それに結果も思わしくありませんでした。

 数年前、寒蘭屋さんなどから毎日やる人、二日おきにやる人、あるいは五日おきとかまちまちでも定期的にやればうまく作れると聞きました。そこで間隔を決めて定期的やってみることにしました。春蘭は三日に一回、寒蘭四日に一回としました。雨の日が続いたり、梅雨時など殆ど乾きませんがかまわず決めた日にやります。真夏の乾燥が著しい時だけ1日早めにやります。

 12月以降は春蘭5日に一回、寒蘭一週間に一回としています。肥料は11月で打ち切ります。
暑くなってきたら早朝か夕方以降に、冬は午前中から昼頃までに水遣りするのはご存知と思います。また冬も表土が白くなり完全に水切れすることがないようにします。
自身確かめたことはありませんが完全に水切れすると根がふかふかになり回復しないと聞きました。

水遣りのポイント
 表土の乾き具合を見てやるのでなく、自分で決めて定期的にやる。環境によって異なるでしょうが、表土が完全に白くなる前に遣るように間隔を決める。通常3~5日に一回位。冬季も水切れしないように注意。

No 627 森源蘭蕙公司その22

森源蘭蕙公司
04 /06 2014
森源蘭蕙公司開発育種の新しい品種

 h1_20140405184324501.png   h2_20140405184325c0e.png   h3_20140405184327680.png

 h4[   h5_20140405184357dfd.png   h6_20140405184359777.png

 h7_201404051844004d9.png   h8_20140405184402196.png

No 626 九華花芽3

九華
04 /06 2014
九華花芽3 ラベルに3 と書いた株、二鉢に花芽がきていた。
 
 hl3a.jpg   hl3b.jpg

これはまた少し変わった花芽かなあ。名品など持っていないのでよく分からない。どんな花が咲くのか。。

No 625 九華花芽2

九華
04 /05 2014
九華花芽その2

同じく15年ほど前昆明で入手した九華です。ラベルの字が消えているので初花かどうか分かりません。

 hla.jpg   hlb.jpg

素心のような気もしますが、あまり期待はできません(後でがっかりするから)。

No 624 蘭の育て方その1

未分類
04 /05 2014
蘭の育て方
 蘭を始めて30年ほどになりますが、なかなかうまく作れませんでした。最近になって根傷みの少ない株ができるようになりました。蘭の栽培のポイントは環境と管理の仕方(育て方)にあると思います。

環境について
 暑い地方で蘭を愉しんでいる人、寒い地方の人また広い田んぼの真ん中に大きなビニールハウスを建て栽培している人、マンションのベランダで栽培している人などいろいろでしょう。環境があまりよくない所でも、こればかりは自由にできません。せめてできることは日除けををしてやったり、扇風機で風を送ってやること、鉢を直置きせず棚を作り吊るしてやることくらいでしょう。それぞれの場所で工夫するしかありません。

管理の仕方
 最近環境が変わっても同じやり方でうまく育てられるのではないかと思うようになってきました。例えば植え込み材を換えるなど他人のやりかたの一部のみをまねるのではなく、大切なポイントを順に押さえて育てることがよい作につながると思います。

 ほとんどの方がやっていることばかりで、特に目新しいことはありません。名人達人はご覧にならないでください。初心者限定です。一度に全ての鉢をやるのでなく一部で試してください。秋には結果が分かりますのでご判断ください。

 うまく育てるにはよく言われるように植え込み材、植え方、水のやり方、肥料のやり方、日光と風の採り方などの多くのポイントがあります。その内次の三点についてご紹介します。

1)植えるときは鉢をゴムハンマーでかなり強く叩いてできるだけ隙間のないように植えます。このため軽くて丈夫なプラ鉢が便利です。植え込んだら、数日は毎日水をやります。

2)4月に水遣りの間隔を決めます。環境にもよるでしょうが、私は春蘭は3日に一回、寒蘭は4日に一回としています。11月までこのサイクルを守ります。梅雨時など殆ど乾きませんが、気にせずやります。(真夏になってあまり渇きが激しい時は1日早くします。)

3)次に肥料ですが4~5月はハイポネックスの粉末のものを2000倍で水と交互にやります。6~7月は同じ く液体のものを2000倍でやり、8~11月はまた粉末のものをやります。(3000倍でも効果は変わらないと聞きました。)

 日光はやや強めで春蘭も寒蘭も似たような場所に置きますが、どちらかといえば寒蘭、蓮弁蘭がやや 暗めかと思います。


1)植え込み
 日本で胴絞りの楽鉢に日光砂とクレイボールを混ぜた植込み材を用い育てる方法が盛んになった頃、当時中国の雲南や四川では分厚い樽鉢に赤土と腐葉土を混ぜたもので植え込み育てていました。日本の業者などが日本の栽培法をよく現地に蘭友に紹介していました。その後現地でも小さい鉢に石で植えるのがはやりました。
 しかし最近蓮弁や豆弁の植え込み方をみると現地の特有の赤土に栗の腐葉土を半々に混ぜたものを使うとよくできると紹介してあります。いわゆる硬材と軟材を混ぜたほうがよいというのです。つまり昔のやり方に戻っているようです。実際鉢を空けると殆ど根傷みはありませんでした。鉢はずいぶん小さくなったようですが、蓮弁や春剣、虎頭蘭など大型のものは大きな樽鉢が多いようです。

 これに倣ってみようと軟材として椰子の殻のチップを混ぜるようにしました。もともとベラボンやダンボールを刻んだものを混ぜて植えている人がいるのは知っていました。

 自家製クレイボール    椰子殻チップ
 20131013064532966_201404041032470d2.jpg     001_2014040410324753a.jpg


 植え替えようと思う蘭を鉢から抜き、根を流水で綺麗に洗い傷んだところを処分する。ふかふかの根から水晶根(正しい言い方があると思いますが中国では良くこの言い方を見かけます)がでることはないので切り取る。できるだけ根に触らず殺菌したはさみで切る。(私は熱湯消毒しています)バルブや根を持たず葉の付け根を持つようにします。
また一株ずつ石鹸で手洗いしてもよい。

水が切れるまで新聞紙の上で干す。乾いたら500倍のダコニールをスプレーで根とバルブに満遍なくふりかける(殺菌剤であれば何でもよいでしょうが倍率に注意)。さらに暗いところで数時間干す。根が乾きしなやかになったら根にあわせてプラ鉢を選ぶ。穴あきのプラ鉢が管理がしやすく最適と思いますが、出展時植え替えるのが面倒な方は信楽などの陶器鉢でもよいでしょう。楽鉢は割れやすいので用いません。小さい鉢に植えるとよく乾くので良いという人もいますが、私は少しゆったりめの鉢を使っています。大葉蓮弁、九華などは寒蘭鉢に植えます。植込み材は崩れにくくカビなど生えにくいものであれば何でも良いと思いますが、私は日光砂に自家製のクレイボールを五分の一ほど、椰子殻のチップを少量混ぜて植え込むようにしています。

 鉢底に砂が漏れないように大砂を少しいれ椰子殻を一掴みいれます。鉢に蘭の根を合わせたら中粒を少しいれ椰子殻を一掴みというふうにいれ、ゴムのハンマーで叩きながら隙間ができないように植えてやる。表土はあまり細かいと水遣り時に飛び散り汚いので中粒でもかまわないと思っています。植え込みが終わったらホースにはす口をつけたものでかなり強めに水をやります。しばらくしてもう一、二度、鉢底から微塵が出なくなるまで繰り返します。植え替えたものは別棚に置き数日間毎日水をやります。
この後元に戻し普通の管理をします。

植え込みのポイント
 植える前の根の消毒、ベラボン(これは結構高いので私は造園用の椰子殻チップを使っています)などの軟材を少し混ぜる、植込み材に隙間ができないようにゴムハンマーで叩きながら植える の三点です。

次回は 2)水遣りについて

No 623 森源蘭蕙公司その21

森源蘭蕙公司
04 /04 2014
森源蘭蕙公司開発育種の新しい品種

 j1_20140403184402450.png   j2_20140403184404fe9.png   j3_20140403184404059.png

 j4_2014040318443041f.png   j5_20140403184430a10.png   j6_20140403184432e85.png

 j7_2014040318445651c.png   j8_201404031844589fe.png

No 622 九華花芽1

九華
04 /04 2014
九華4 ラベルに4と書いてある。 

春蘭にばかりかまけていたら九華の花芽が大分伸びていたのに気づかなかった。機嫌を損ねているかなあ。何とか写真を撮らせてもらった。

 hl4c.jpg   hl4a.jpg   hl4b.jpg
赤い花芽だが昨年オークションに出した蘭と同じものだろうか?

これは No400 山採り九華 の花芽。 この株は割ることができず全部売ってしまった。
 hl1a.jpg   hl1c.jpg   hl1b.jpg

似ているような似ていないような??  きちんとラベルを管理しないからこういうことになる。まあ咲いたら分かるか。。。

No 621 森源蘭蕙公司その20

森源蘭蕙公司
04 /03 2014
森源蘭蕙公司開発育種の新しい品種

 i1_20140402175239278.png   i2_20140402175240016.png   i3_20140402175241b5e.png

 i4_201404021753073be.png   i5_20140402175308e82.png   i6_201404021753102b3.png

 i7_20140402175333c44.png   i8_2014040217533528d.png   i9_2014040217533664b.png

No 620 蓮弁水晶芸?

蓮弁
04 /03 2014
今年最後を飾るのは十年位前、花鳥市場で買った蓮弁の散り斑芸。結構変わった花が咲いていたが、だんだん葉の斑縞も消え花も普通のピンク花になってきた。やはりこちらの期待の薄さを蘭が敏感に感じとったのかもしれないなあ。。

                             購入後家で出た新芽。
 水晶   水晶2    水晶3


新芽にかなり深く峰斑が掛かっていたのだが。。

No 619 森源蘭蕙公司その19

森源蘭蕙公司
04 /02 2014
森源蘭蕙公司開発育種の新しい品種

 h1_20140401174825907.png   h2_20140401174826a18.png   h3_20140401174827316.png

 h4_20140401174853c66.png   h5_201404011748547dc.png   h6_2014040117485618e.png

 h7_201404011749242a4.png   h8_2014040117492660e.png   h9_2014040117492772e.png

No 618 山採り春蘭

日本春蘭
04 /02 2014
No 582 山採りの奇花のページで紹介したおまけの春蘭。

 山x1   山x2

庭に植える前にもう一年様子を見ることに。。

春蘭もとうとう終わりました。また来年を楽しみに頑張りましょう。

No 617 無銘春剣

春剣
04 /02 2014
葉を見て買った(かや葉)。荷弁花が咲くかと思ったがまあ普通かな。

 無銘春剣1

いよいよ春蘭も終わりだなあ。。
また植え替えに忙しくなる。。。

No 616 楊氏素

伝統中国春蘭
04 /02 2014
楊氏素

 楊氏素

家では地際で咲きたがるが老種の素心花では最も好きな花だ。何ともいえぬ雰囲気があるなあ。

No 615 森源蘭蕙公司その18

森源蘭蕙公司
04 /01 2014
以下は森源蘭蕙公司開発育種の新しい品種です。

 j1.png   j2.png   j3.png

 j4.png   j5.png   j6.png

 j7.png   j8.png   j9.png

No 614 蓮弁ベタ舌

蓮弁
04 /01 2014
これはオークションで買った細葉蓮弁。

 lbベタ1   lbベタ2

優しい葉姿に花も小さく可愛い花だ。

No 613 雪嶺

日本春蘭
04 /01 2014
日本春蘭 雪嶺
この花も30年ほど前に買ったが初花。

 雪嶺1   雪嶺2

大輪で姿のよい花だ。

No 612 光悦

日本春蘭
04 /01 2014
日本春蘭 光悦
散り斑花の魁。花弁の縮みも個性ということか。。。

 光悦1   光悦2

髭を鋏で切ったほうがいいかなあ?? 花に怒られそうだから止めました。

No 611 奥州路

日本春蘭
04 /01 2014
日本春蘭 奥州路?
かなり前に、どこかでお話した千葉の業者から無銘縞として小苗を買った。多分奥州路だろうと思う。

 奥州路1   奥州路2

いやな思いをしたとしても蘭には何の罪もない。花が咲けばまたとても可愛いものだなあ。