No1588 火焼蘭

九華
04 /29 2016
火焼蘭
20年ほど前に昆明で蘭農から入手。
 IMGP2605_20160429164153ad7.jpg   IMGP2604_20160429164155c29.jpg


 蕙蘭は一茎に8,9花つけるので、別名小花蘭、九子蘭、九節蘭、九華蘭、一茎九花、一品九命、夏蘭、火焼蘭などと呼ばれる。(先に紹介した九華3は12~15花着きました)
火焼蘭(学名 Epipactis)かきらん とは全く別物で、雲南での九華の俗称。
 軟葉と硬葉があり、葉先が焼けやすく枯れ込んだ状態が焼け焦げたように見えるところからこう呼ぶ。あるいは乾燥に強い蘭で山火事の後、この蘭のみが芽を吹いているのをよく見かけるのでこう呼ぶという説もある。
 雲南火焼蘭とは簡単に言えば雲南蕙蘭に属する蘭のこと。他の蘭に比べると割に乾燥を好むので植え込み材の粒を大きくし、水やりは他の蘭より間隔をあけてやる。火焼蘭の数量は少なく、結構観賞価値も価格も高い。
紫草(紅草)出芽は赤紫で綺麗であるが、成長につれ緑色になる。葉は固く直立し葉辺の鋸歯が荒い。
(百度百科などいろいろの文献から。)

 以前紹介したように昔数種の九華を持ち帰りました。そのほとんどが開花しましたがこの株(株分けしてあと3,4鉢あります)だけがまだです。汚れたラベルをみると九華1-1とありますから先に咲いた九華1と同じものかもしれませんが断言はできません。九華1はこれより倍くらいの大きさで、出芽の紫も割に早く暗みます。

他の株(ラベルを新調した)       以前咲いた九華1
 IMGP2594.jpg            1_20160429171922dc9.jpg
自生地の様子はこちらからどうぞ。

    http://bbs.guolan.com/topic.aspx?topicid=179756
 近々ヤフオクに出そうと思います。出品したらお知らせします。興味のある方はご覧ください。



No1587 九華3

九華
04 /25 2016
九華3が開花しました。

 IMGP2581.jpg   IMGP2582.jpg   IMGP2583.jpg

 今年はやや黄色っぽく咲いた。紫芽(1と6)のほうはどちらも花付きが良くないのかなあ。。よく増えるのだが。。また株分けしないと。。。

No1586 期待外れその4

日本春蘭
04 /24 2016
 かなり前にオークションで買った。深く峰のかかった小さな株だったがここまで大きくなり初めて開花した。

 IMGP2404.jpg   IMGP2405.jpg

 ひょっとして白い花でも咲くんじゃと期待したが、なんのことはない普通の花だった。「がっかり大賞」をあげてもよいくらいだ。以前紹介した「紅鶴」といい新芽に芸が出るからと言って必ずしも変わった花が咲くわけではないという見本かなあ。。もうしばらく様子をみることにしよう。。

No1585 九華2

九華
04 /23 2016
九華2が開花

 IMGP2572_201604231237025d2.jpg   IMGP2573_201604231237043d1.jpg   IMGP2574_20160423123705783.jpg

 あまり手をかけていないので株が大きくなった。九華はバルブが小さいので割るときに苦労する。どこで割ったらいいのか悩む。無理に割って新木がもげたりする。。難しいものだなあ。。

 九華については全然知らないし山採りが少しあるだけだから、この蘭がどうなのかさっぱりわからない。。多分こんなのが並花なんだろう。。

No1584 福美錦

日本春蘭
04 /21 2016
 良く増えたが二、三度めの開花。

 福美錦1   福美錦2   福美錦3

 この手の花としてはあまりぱっとしないなあ。。以前紹介した無銘紺覆のほうがはっきりした花でよいように思える。。
紺冠を鮮やかにする方法があるのだろうか??

No1583 緑苔舌

日本春蘭
04 /20 2016
  以前山で採取してきた春蘭の花を摘んでいたら、変な花に気づいた。なんとなく異様な感じがする。。

 IMGP2563.jpg IMGP2568.jpg IMGP2567.jpg IMGP2570.jpg

 よく見ると舌が皆緑を帯びているではないか。。どうりで変な感じがしたわけだ。。裏から見るとよくわかる。これって珍しいのだろうか? 少なくとも自身では初めて見た。緑苔素心というのはいくつか登録されているが。。。
 ラベルを見ると以前近くの山で採取している。ということは普通の花とは何か違う所があったのだろう。。例によって詳しいことは何も書いていない。。
 なぜもっと早く、舌が巻く前に気づかなかったのだろう。。

 今年は「色気なし」と「帯緑舌(緑苔舌)」にお目にかかれた。。

No1582 金嶴素

九華
04 /19 2016
 植え替えに忙しいがふと気づいた。。。蘭舎に良い香りが漂っている。。見ると脇に並べた九華のうち金嶴素が咲いていた。

 IMGP2559.jpg   IMGP2560.jpg

 花数が多いせいか香りが強い。。しばし植え替えの手を止める。。去年より一週間ほど開花が早い。

No1581 無銘素心

日本春蘭
04 /18 2016
 かなり前にオークションで蘭を買った時に、出品者がおまけとしてバック一本つけてくれた。その後順調に育ち花が咲いた。とても良い花だったが知り合いに花付き前木を譲った。

 無銘素心1   無銘素心2   無銘素心3

 その後ご覧のように再び花がきた。やや緑が薄いものの柔らかな感じの良い花だ。。

No1580 天馬

日本春蘭
04 /17 2016
 我が家では初めての開花。
 天馬1   天馬2   天馬3

 藪咲きしてしまったが、意外に良い花だなあ。。6号鉢に植えているので大株になってしまった。4.5号鉢に5本くらいで一花だともっと見よいか。。

No1579 米山錦

日本春蘭
04 /16 2016
 昔、地元の愛好会では縞柄のある品種としてはこれとか大雪嶺、秩父錦くらいしか見られなかった。購入後初花。何十年たっただろう。。。

 米山錦1   米山錦2   米山錦3

 御幸錦とも呼んでいたような。。。
結構良い花が咲くが粗末に扱われあまり見かけなくなった。花の縞はもっと鮮明に出ることもあるそうな。

No1578 山採り素心2

日本春蘭
04 /15 2016
 自身の山採り。名無し。 素心は数点採取したが残っているのは三つだけ。

 山素1   山素2   山そ3

 純白ではなく喉の奥が黄色っぽい。。

後は「平井山」と「小公子」 No 462 命名品 に紹介してあります。

平井山 採取地にちなんで名づけた。最初に発見した素心花。

 hiraiyama_201604140946008f0.jpg

小公子
「東条の花」(赤花)を見つけた山の反対斜面で採取。 喉の奥が赤みを帯び、舌の縁がフリル状を呈するのでこの名を付けた。
 syoukousi4_201604140946023f9.jpg



 欲しがる人にどんどん花付きをあげていたらバックの屑ばかりが残った。

No1577 紀文

日本春蘭
04 /14 2016
 以前紹介した紀文が開花しました。

 IMGP2555.jpg   IMGP2557.jpg   IMGP2558.jpg

 説明通りの花だったが、ややうつむいて咲いたのでその良さが伝わらない。後ろから見るとなるほどと思う。舌が巻かなければなかなかの花かなあ。まあ控えめなところがいいのかも。。。

No1576 小野素心

日本春蘭
04 /13 2016
 兵庫県小野市産とのことですが、詳しいことは分かりません。現在では氷雪ともいうそうです。どっちにしても仮名かな。。

 小野素心1   小野素心2   小野素心3

 作により大きくなり、花も大きなものになりよく目を引くそうです。

No1575 無銘散斑花

日本春蘭
04 /12 2016
 これもかなり前にオークションで買った。最近花が咲くようになった。

 無銘散斑1 無銘散斑2 無銘散斑3 無銘散斑4

  一時無銘の散斑が出回った頃だったので、交配山蒔き種かもしれないなあ。。
 もしそうだとしたら、最近また繰り返されていることになる。いくらこういうことをしても何年かしたらすべて忘れ去られるのがおちだと思うのだが。一般の愛好家の不信感を増大させる効果はあるだろうが。。。蘭に罪はないので雑に扱うわけにはいかないか。

No1574 昆明の郊外にて

未分類
04 /11 2016
 昆明金殿にて
 FH000016.jpg

 鐘を突くと何か良いことがあるというので皆で突かせてもらった。

 何族のレストランだか忘れたがガイドさんに連れられて晩飯
 FH000019.jpg   FH000020.jpg

 
 陳永楽の版画が飾ってあり、ガイドさんの売り込みすさまじくタジタジ。一番大きい版画の値段を聞くと8万円。試しに4万なら買うと言ったらすぐ陳さんに電話。OKが出て他に小さいのも数点購入。

  FH000023.jpg

 後に翠湖畔の陳さんの甥がやっている店舗に毎年のようにいく羽目に。。最後には孫さんに連れられて自宅兼アトリエを訪問した。原画は要らないかと勧められたが20万とのことで丁重にお断り。でも何枚もAP版を買うことができた。記念に写真も撮らせてもらったが今でもお元気だろうか。。。数年前知人に乞われ全て買値で売却した。。(家内が一枚だけ残した)

No1573 奥州路

日本春蘭
04 /11 2016
 遅咲きのためいつも展示会には間に合わない。

 奥州路4   奥州路5

 これは無銘中透けで買った蘭だが、どうやら奥州路のようだ。

 奥州路2 (2)   奥州路2 (1)   奥州路3

 こちらの方が花が綺麗な気がする。

No1572 麗江その2

未分類
04 /10 2016
 玉龍雪山の雪解け水が満々と湛えられ、冷たく澄んだ池(湖)だった。麗江は石造りの街並みで通路もすべて石が敷き詰められていた。定時になると皆少し高い場所に避難し、この湖から引いた強い水流で町中のゴミを押し流し掃除していた。街より低い場所にゴミが集まるのは気にしないようだった。。
 FH000013.jpg   FH000014.jpg   FH000015.jpg

 かつて木氏が麗江を治め、通常の街と異なり城壁で囲わず街全体を迷路にすることで敵の侵入を防いでいたとのことだった。ガイドさんがなぜそうしたか分かりますかと我々に聞いた。  ??

 皆若かったなあ。。こんな時期もあったのだなあ。。。

 答え 「街を城壁で囲うと「困」城となりとても困ったことになるからです。」   真面目な顔で教えられてもなあ。。。

No1571 輝

日本春蘭
04 /10 2016
 以前亡くなった蘭友の遺品を買ったうちの一つだと思うがはっきりしない。。小さな苗だったので数年たってようやく花が付いた。

 輝1   輝2   輝3

 株のわりに大きな花で綺麗な縞花だった。。先の無銘縞に似ているような気もするが、こちらのほうが縞がくっきりしていいかなあ。。

No1570 麗江

未分類
04 /09 2016
 昨日、友達が2000年頃麗江に行った時の写真をコピーして持ってきてくれた。一人は工務店、一人はニット屋のおやじで二人とも蘭に興味なし。。ガイドさんに聞いても蘭の字も知らなかった。町でも見かけなかった。
 梅里雪山(玉龍雪山の間違いかも)を見てから、麗江の街を散策した。ちょうど建築中の家があり工務店は興味深そうに写真を撮っていた。私は当時写真を撮る習慣がなくただ目に焼き付けるだけだった。

 確か白沙村という所だったと思う。
 FH000001.jpg   FH000002.jpg   FH000003.jpg

 FH000009.jpg   FH000010.jpg   FH000012.jpg

 続く。

No1569 梅花錦

日本春蘭
04 /09 2016
 かなり前にオークションで買った蘭。縞が入る豆花ということだったが。。昨年青花が咲いた。

 梅花錦1   梅花錦2   梅花錦3

 今年の花はよく見ると縞があるようなないような。。豆とも言えないし、縞花とも言えないし。。そのうちびっくりするような良い花が咲くことだろう。。。

No1568 老代梅

伝統中国春蘭
04 /08 2016
 今年は皆一花でただの老梅になってしまった。。。

 老代梅1   老代梅2

 これはこれで可愛らしいと言えないこともないなあ。。新種としてオークションに出そうかなどと。。

No1567 天紅香

日本春蘭
04 /08 2016
 昔、金華山で買いましたが、開花したら天紅香でした。今年はなぜか色が悪い。。

 天紅香1   天紅香2   天紅香3

 こちらは14年に咲いたもの。二枚目は札落ちで不明と書いていたが天紅香と判明。

 天紅香14a   天紅香14b

 (面倒で)キャップしませんが、年によりこんなに発色が違います。。しなくてもよく発色する年があるので結構楽しいものです。。

No1566 嘉隆

伝統中国春蘭
04 /07 2016
嘉隆またの名を嬌竜。水仙弁。
 1920年江蘇省昆山の愛蘭家が選出。観音兜捧心,大円舌で紅点は舌端に固まる。紅点は元宝形を呈しあたかも女性が唇に口紅を塗ったかのようである。 (元宝:中国古代の馬蹄形をした貨幣)
 花色は碧緑俏麗,花梗は細く丸い。小さな木に大きな花が咲く。開花後時間が経つとやや肩が落ちてくるもののその美しさを損なうことはない。 楽沙網などの説明。(時間の経過とともに肩が下がるのが残念だとしているものもある。)最後は交易網の写真。

 嘉隆1 嘉隆3 (2) 嘉隆3 (1) 交易網嘉隆

 通常舌はやや巻くが、この株は開花後一月位経ってもご覧のように後ろに巻き込まない。また捧心が左右ぴったりと合わずやや段違いになるようだ。(老花のため捧心が開いている)

 別株 こちらはほとんど巻いている。
 嘉隆4  嘉隆5  嘉隆6

 

 元宝 中国の武侠ドラマを見るとよく出てきます。金銀ある。

 a (1)  a (2)
 

No1565 変な花

中国春蘭
04 /06 2016
 昔、紹興で買った縞春蘭の柄抜け。水やりしていて変な花に気づいた。

 IMGP2512.jpg   IMGP2513.jpg   IMGP2514.jpg

 このまま固定してくれればいいが、多分一過性のもの。時々こういうことがある。この蘭は二度目。

No1564 大雪嶺?

日本春蘭
04 /06 2016
昔、昆明で買った大雪嶺。数年前から毎年花を見せてくれる。

                      以前からある大雪嶺
 昆明2   昆明3  大雪嶺


 花鳥市場で見かけた花なしの中木だったが、これ日本の蘭と違うか?と聞くと絶対中国蘭に間違いないという。あまり高くなかったのでまあどっちでもいいかと持ち帰った。どういうわけか一向に大きくならない。。柄は安定している。家の大雪嶺はわずかな縞を残して黒くなってしまった。当然花も青花だ。。
 花の匂いをかぐと日本春蘭特有の香りがする。。やはり大雪嶺か。。

No1563 無名縞

日本春蘭
04 /05 2016
 昔昔、無銘縞で買った蘭。とても丈夫な蘭でよい縞花が咲く。

 IMGP2491.jpg   IMGP2492.jpg   IMGP2493.jpg

 蘭友に分けてあげたら綺麗な中透けになり、どこかの会に持っていったら「走水」ではないかと言われたとのこと。花型は似ている気もするが、家の「走水」は良い縞が出ず花も青花になってしまった。。
 このまま無銘縞ということにしておこう。。

No1562 遠州小町?

日本春蘭
04 /04 2016
 変な花が咲いているのに気づいた。

 遠州小町1   遠州小町2  

 小さな花だがラベルを見ると「遠州小町」となっている。かなり前に買って忘れていた蘭だ。遠州小町にしてはおかしい。。小花で捧心が開くということは「松風」かもしれないなあ。。神戸の業者から買った蘭だが、ほかにも結構品違いがあった。まあ朱金に違いないので良しとしましょう。。

No1561 一ッ葉散斑

日本春蘭
04 /03 2016
 かなり前に購入したが、一昨年初めて綺麗な散斑花が咲いた。昨年は青花だった。

 一ッ葉散斑1   一ッ葉散斑2   一ッ葉散斑3

 こういった花は年により出来不出来があるのかもしれない。。毎年今年はどんな花かなと楽しめそうだ。。

No1560 清鏡

日本春蘭
04 /03 2016
 柄もそこそこ見られるが、花も中透けの良い花が咲く。

 清鏡1   清鏡2   清鏡3

 柄を楽しむ習慣がないので花を咲かせて楽しんでいる。もう少しがっちりした花が好みだが、せっかく咲いてくれるのでこれはこれで良しとしましょう。。。

No1559 山の端と花大名

日本春蘭
04 /02 2016
 この山の端は数年前に亡くなった蘭友の遺品。ようやく開花した。

 山の端1   山の端2   山の端3

 花は大きくてよい花だが、葉がだらしなく伸びて見られないと聞いたことがあるがそうでもないなあ。。

 こちらはオークションでかなり前に買った花大名。知らずに買ったが後に知り合いに交配種ではないかと言われた。

 花大名1    花大名2

 一時散斑種の人工交配が流行ったらしく、これも何かの交配種だと噂されたそうだ。実際のところは分からない。今年はあまり散斑が現れなかった。最近でも赤花やいろんな交配山蒔き種がオークションを賑わしているが、親を超えるのはなかなか大変そうだ。物珍しさで買う人がたくさんいるが、私は興味がない。興味のないものを買う気もない。。でも知らずに買うことが稀にある。。