No1627 新芽 どんぐり

寒蘭
06 /30 2016
 かなり前に小さな苗を購入した。徐々に大きくなり昨年立派な芽が上がったがすっぽ抜けてしまった。。今年こそと期待したが二芽上がっている。

 IMGP3000.jpg   IMGP3001.jpg

 これでは花を期待するのは無理な話か。。その後どんぐりと名の付く蘭をいくつか買ったが、皆短弁のがっちりした花だ。多分同じような花が咲くのだろう。。。

No1626 新芽 旭鳳

寒蘭
06 /29 2016
 今年初め(一月)に購入した。心配したがちゃんと芽が出てくれた。新木が小さいせいか二年木からの新芽。。

 IMGP3038.jpg   IMGP3039.jpg

 あまり大きくないがこれで成木とのことだった。なんとか今年花を見たいものだが。。

No1625 新芽 力道

未分類
06 /28 2016
 亡き蘭友の遺品。数年前に亡くなった折遺品を競りにかけたが、数鉢づつまとめて出品されたので何があるか分からないまま何回か落札した。結果、まったく興味のない韓国春蘭が3点入っていた。これもそのひとつ。。ラベルに韓国春蘭とあった。。

 IMGP3027.jpg   IMGP3028.jpg   IMGP3029.jpg

 どんな蘭かもわからず育てていたら昨年普通の青花が咲いた。今年柄の入った新芽が上がった。柄物なんだろうか?? 捨てるわけにもいかず作っているが、いずれだれか貰ってくれれば進呈しようと思う。。  先の一ッ葉の縞花は良かった。。

No1624 新芽 日向王

寒蘭
06 /27 2016
 昨年初めて花が咲いたので、新芽は無理かなあと思っていたが。。。

 IMGP3036.jpg   IMGP3037.jpg   20151107164418a05_201606261746587fa.jpg

 可愛い芽が覗いてきた。。購入後長らくぐずっていてなかなか大きくならなかったが、ようやく勢いが出てきたか。。

No1623 新芽 品代錦

寒蘭
06 /26 2016
 今年二月三本立で購入したが、春になってすぐに後ろの葉が枯れた。どうやらバック吹かしだったようだ。。

 IMGP3030.jpg   IMGP3031.jpg

 何とか新芽が出たがなんだか釈然としないなあ。。まあこんなものか。。知らない人から買うと、品違い、病気やこんなことがちょこちょこある。。

No1622 新芽 越後獅子

日本春蘭
06 /25 2016
 かなり前にヤフオクで蘭を買ったら、売主がおまけに中木一本つけて送ってくれた。

 IMGP3022.jpg   IMGP3023.jpg

 とても順調に育ち今年あたり花芽が来るかもしれない。。古い品種だが未だ花を見たことがない。蘭友も持っている人が多いようだが花を展示した人はいない。。

No1621 新芽 天の鈴

寒蘭
06 /24 2016
日向寒蘭 説明では底紅更紗となっている。舟底舌という人もいるようだが、完全には巻きこまないもののやや巻くようだ。。

 IMGP3032.jpg IMGP3034.jpg 天の鈴1 天の鈴2

 三枚目の写真で購入したが、実際には四枚目の花が咲いた。名人に聞くと開花時に陽光を採るとこのように咲くとのことでした。もっと良くなるかもしれない。研究研究。。

No1620 新芽 大鳳凰

日本春蘭
06 /23 2016
これもなき蘭友の遺品。順調に大きくなっている。今年くらい花芽が来るか??

 IMGP3024.jpg   IMGP3025.jpg   IMGP3026.jpg

 覆輪花では聖晃が一番好きだがこれを上回る花が咲くか?? 木が大きいので花も大きいだろう。。

No1619 新芽 対馬産春蘭

日本春蘭
06 /22 2016
その1
 昔蘭を始めたころ神戸の業者から無銘縞として購入した。大きくなり丸弁の良い縞花が咲く。蘭に詳しい何人かに聞くと多分対馬産の縞だろうとのことだった。

 IMGP3014.jpg   IMGP3015.jpg   IMGP3016.jpg

その2  その1の分け木
 こちらはやや地味柄だが出芽は同じように白く上がる。
 IMGP3019.jpg   IMGP3020.jpg  IMGP3021.jpg

その3
 以前紹介した亡き蘭友の遺品。10cm足らずの小苗を購入して数年が経つ。赤花とラベルにあったが何年先に花が来るだろう。。

 IMGP3017.jpg IMGP3018.jpg

まさか対馬産の春蘭が皆こうだとは思わないが面白い出芽ではある。。。

No1618 新芽 神陽

寒蘭
06 /21 2016
 日向寒蘭 一昨年中苗を買い昨年早くも花が来てくれた。

 IMGP2995.jpg   IMGP2997.jpg   20151126125250b87_201606201012397ab.jpg

 まだ木が小さいので本芸を発揮していないと思われるので大いに期待している。。

No1617 新芽 紫綬褒章

朶朶香
06 /20 2016
 昔、神戸の業者が昆明より持ち帰った蘭で、蘭友が購入し育てていたもの(No 1141 紫綬褒章)。細いバックを分けてもらったが何とか芽を吹いてくれた。昨年大きな芽が出てバルブも大きくなってきた。

 IMGP3004.jpg   IMGP3012.jpg   IMGP3013.jpg

 今年もよい芽が出たので、上土をどけてみると三つも上がっていた。奥の芽は消えそうだが手前の二つは何とか育ちそうかなあ。。
 現在別名で流通している。この業者とは何度も一緒に中国に行ったりして浅からぬ縁があったので、彼の命名した「紫綬褒章」という名前で育てていこうと思っている。。

No1616 新芽 青変わり花

寒蘭
06 /19 2016

 寒蘭を始めたころ(十年くらい前)ヤフオクで写真を見て購入した。寒蘭には珍しい竹葉弁で平肩の濃い緑花だった。確か寒蘭大綱かなにかに載っていた。最近まで類似する花を見たことがないので期待している。

 IMGP3002.jpg   IMGP3003.jpg

 10cm位の小苗だったがようやくここまで大きくなってきた。開花までもう一息か。。。

No1615 すっぽ抜け

寒蘭
06 /18 2016
土佐無銘広弁広舌
 昨年二年木に着いた大きな新芽が突然すっぽ抜けた。殺菌し植え替え今年の出芽に期待した。
期待通り大きな新芽が奴に出たが、左側のがなんだかおかしい。。

 IMGP2998.jpg   IMGP2999.jpg

 上土を除くと案の定黒くなっている。むしり取ると完全に腐っていた。ベンレート500倍で殺菌。左の黒丸が昨年のすっぽ抜けのあと、右が今年の分。。

 IMGP3009.jpg   IMGP3010.jpg   IMGP3011_2016061806240612d.jpg


 こうしてみると株全体が枯れ込こまなくても菌が残るのだろうか?? もっときれいに切り取り様子をみるしかないかなあ。。

No1614 新芽 一ッ葉産無名縞

日本春蘭
06 /17 2016
亡き蘭友の遺品で昨年初めて開花した。

 IMGP2992.jpg IMGP2993.jpg IMGP2994.jpg IMGP2249_20160616152735a6b.jpg

 覆輪縞で柄に狂いはないようだ。。花もご覧のような柄花。葉に柄があるのだから花に出るのは当たり前だとは言い切れない。。綺麗な柄花が咲くのはむしろ珍しいと言えるかも。。

No1613 新芽 吉祥朱雀

蓮弁
06 /16 2016
 以前紹介しましたように、細葉蓮弁lb4 を吉祥紅雀と名付けました。一方lb3 はどうしようかと迷っていましたが、吉祥朱雀と名をつけてやることにしました。

                         酒紅朱雀
 IMGP2980.jpg IMGP2981.jpg lb3_201606141050530b4.jpg 酒紅朱雀


 中国の神話に出てくる朱雀ではなく、実際にいる鳥にちなみました。
以前人に前木を譲りましたのでバックからの二年目です。可愛い芽が覗いています。

No1612 新芽 若乃花と舞の海

寒蘭
06 /15 2016
若の花 日向準素心
舞の海 土佐更紗チャボ

   若の花            舞の海
 若乃花1 若乃花2 舞の海1 舞の海2

 どちらも以前の相撲取りの名前がついています。あまり大きくならない蘭のようです。
若の花は何度も花をみましたが、舞の海は最近買いました。以前写真で見て気に入ってましたので。。
また若の花は二つ芽が覗いてますがそのままにしておきます。。ケチなので惜しくて欠けません。。

No1611 新芽 守禮

寒蘭
06 /14 2016
 高知県産で阿波寒蘭会登録となっているそうだが、どんな花が咲くのだろう。。

 IMGP2975.jpg   IMGP2977.jpg

 綺麗なピンク芽だ。。桃の散斑花でも咲くのだろうか?? まだ小さいが今年くらい花が来てほしいものだ。。

No1610 新芽 日向王坪

寒蘭
06 /13 2016
13年秋に日向王の坪産ということで十数cmの小苗を買った。昨年割に大きな新芽が上がり二十数cmになっている。

 IMGP2970.jpg   IMGP2971.jpg   IMGP2972_201606171423418ce.jpg


 かつては寒蘭の小苗(十cm前後)は一向に大きくならず消えていたが、施肥するようになってから結構成長が早いように思う。。芋がだんだん大きくなっている。
 今年の新芽はやや小さいようだがどれくらいに育つか?? どんな花が咲くか楽しみではある。何年先になるか。。

No1609 新芽 舞妓

日本春蘭
06 /09 2016
バック吹かし二年目。

 舞妓1   舞妓2   舞妓3

 舞妓は結構大きくなる蘭であるが、日強く育てると葉丈はあまり伸びずがっちりとして巻き葉になるようだ。。これはバック吹かしのためあまり強く日を採っていない。大きな木のバックだと新芽の成長も早く昨年の芽も成木となっている。でも花芽は来年かなあ。。

No1608 粉引き鉢

陶芸
06 /07 2016
 最近はまっている粉引きの鉢です。少し大きめのものを作ってみました。

 IMGP2949.jpg   IMGP2950.jpg

 やや白泥が薄かったか。。まあ食器はそのものがどうこうではなく、料理を盛った時においしそうに見えるかが大事だから何でもよいと言えないこともない。。などと

No1607 国の司

日本春蘭
06 /06 2016
 昔、「国の司」という名前で買った虎もの。本物かどうかは分からない。蘭会でも見たことがないので。。
 割に柄が出やすく、比較的暗いところに置いていたが、葉が薄くぺらぺらだった。守門山などと同じところに置くようになって葉がしっかりしてきた。

 国の司1   国の司2   国の司3

 日に当て施肥すると、バルブが太ると同時に葉も分厚くなりがっしりした姿を見せてくれるのではと思ってます。
 またほとんど施肥せずに育て十年、二十年と花を見ることがなかった蘭がここ数年で開花するようになりました。(五、六年前から積極的に施肥するようになった)我が家の初花としてたくさん紹介しました。例えば福の光、桃山錦、友禅、かぐや姫、富士の夕映え、鯨波、御国の花、吉祥黄仙、吉祥紫仙、吉祥金冠、豆弁素心などなど。。また蓮弁や寒蘭などもよく花が付くようになり、出芽もとても良くなりました。

 「No 631 蘭の育て方その3」に私の施肥法を紹介しています。参考になればよいのですが。。

No1606 新芽 吉祥紫仙

朶朶香
06 /05 2016
 昔楊さんから入手した紅花の二種のうちの一つ。もう一つは名無しで何人かの方にすべて売却した。皆元気でいるだろうか。。。可愛らしい花だったが。
 これは長いこと花が咲かず、初めて蕾(四枚目)を見た時は濃い紫でびっくりしたものだ。。花弁が少し覗いた時点で展示会をすれば蕾大賞がもらえるかもしれない。。
                                  
 吉祥紫仙1 吉祥紫仙2 吉祥紫仙3 dzh1_201606050528091ba.jpg


 数人の方にお譲りしたが、嫁入り先でも増えていることだろう。我が家では今年は花は無理かなあ。。

No1605 新芽 吉祥虹梅

中国春蘭
06 /04 2016
 1990年初めて中国蘭花視察団(奥地蘭協会)に参加し四川省成都を訪れた。蘭苑で先方の説明を聞いて小苗を購入した。数年後開花したが兜のある紫花だった。その後いろいろな咲き方をすることに気づいた。白く咲いたり、縞花が咲いたり。。色々変化することから吉祥虹梅と命名した。

 吉祥虹梅1 吉祥虹梅2 吉祥虹梅3 吉祥虹梅4

 吉祥シリーズの第一号となった花。当時四川では朶朶香という言い方はしていなかったので四川春蘭に分類している。。

No1604 新芽 吉祥黄仙

朶朶香
06 /03 2016
 以前はなかなか増えず苦労したが、施肥するようになってから花が来るようになりよく新芽が出るようになった。昨年バック二本から二芽でて今年は三芽あがっている。

 吉祥黄仙1   吉祥黄仙2   吉祥黄仙4

 これが蘭の本来の姿なんだろうか。。発芽剤や開花促進剤などやらなくても、施肥によりバルブを太らせてやると花付き、芽出しとも格段によくなるような。。。 利あれば必ず害あり。。もちろん施肥による弊害もあるのだろうが今のところ気づかない。。

No1603 新芽 安積猛虎

日本春蘭
06 /02 2016
 とても虎の出やすい品種のようだ。。

 安積猛虎1   安積猛虎3   安積猛虎4

 前に奴と後ろに一つ新芽が見える。もっと出るかもしれない。。普通に管理すればこうなるという見本。昔はあれこれ弄ってかえってうまくいかなかったのだろう。。。

No1602 新芽 守門山

日本春蘭
06 /01 2016
 一昨年春、芋二個をミズゴケで硬くくるんで芋吹きさせた。根のない芋から芽を出させるには比較的暗いところがよかろうと寒蘭と同じところに置いた。うまいこと良い芽が出て四枚葉になってくれた。しかし暗いところに置いていたせいか虎はあまり出ず、ひょろりとした葉姿になった。そこで昨年三月、明るいところに置き場を変えた。朝から昼頃まで直射日光が当たり少し心配したが、その後そこに置いたまま通常の管理をした。同じく四枚葉が育ち、丈は伸びずがっちりとした葉姿で虎もよく出、虎ものらしくなってきた。。今年も大きな新芽が上がっている。

 守門山1a   守門山1b   守門山1c

 昔の本には難しいことばかり書いてあり、真似たが一向に虎が出なかった。蘭友に直射日光に当てなければだめだと言われ今のやり方に変えたが、順調に虎が出ている。
こちらは本体のほう。

 守門山2a 守門山2b 守門山2c 守門山2d

 新芽が二個見えるがもっと増えるかもしれない。。。
虎出しの名人にはもっと細かく虎が切れなければだめだとか何とか言われそうだが、まあこんなものかと思っている。それでは進歩がないか。。。