No 1107 秦梅

伝統中国春蘭
03 /20 2015
秦梅と天興梅
 以前オークションで買った秦梅が咲いた。同じ株に違う花が咲いたがよく聞く話だ。

 IMGP0656.jpg  IMGP0659.jpg  IMGP0657.jpg  IMGP0658.jpg
一つは天興梅に似ている。


天興梅
                                   秦梅としてよく使われる写真
 天興梅1  天興梅2  天興梅3  qm2.jpg


この株には4つ花がついているが皆同じ形の花だ。
 よく天興梅、秦梅、西湖梅について、同じ花ではないか、 天興梅の咲きそこないではないかといわれるがどうだろう。
私は天興梅は整形の花が咲くのが本物だろうと思っている。他の二種についてはもう無いのではなかろうか?

 先人たちが吟味に吟味を重ねて命名した花がこんなあやふやなことがあるだろうか? また上の花が秦梅だとしたら、これが本当に命名に値する花だろうか? 私はそうは思わない。。

コメント

非公開コメント

No title

今、ネットオークションなどで出回っている「秦梅」はほとんどが天興梅の咲き損ないだと思います、私もラベルを信用して買ったものは作上がりしたら天興梅になりました。
「西湖梅」についてはネットオークションのものはおっしゃるようにほとんどが偽物、ただし少数ですが蘭華譜の記載と一致するものが残っていました。花は長円弁、肉厚平肩咲きで独特の緑色、数花咲いたなかに主弁と捧芯が癒着した奇形を交えることがありましたが、正常に咲いた花は端正でした。数年前に入手して拙宅でも開花させたのですが、写真を撮らないうちに軟腐病で失ってしまいました。どこかにまだ生き残りがあるのではないか、と思って探しています。

No title

そうですか。西湖梅は残っている可能性があるんですね。昔老種に熱中し亡くなった方の蘭が散らばったり、名前も分からないままお持ちの方がいないとも限りませんね。

やはり蘭は気長に。。ですね。