No1602 新芽 守門山

日本春蘭
06 /01 2016
 一昨年春、芋二個をミズゴケで硬くくるんで芋吹きさせた。根のない芋から芽を出させるには比較的暗いところがよかろうと寒蘭と同じところに置いた。うまいこと良い芽が出て四枚葉になってくれた。しかし暗いところに置いていたせいか虎はあまり出ず、ひょろりとした葉姿になった。そこで昨年三月、明るいところに置き場を変えた。朝から昼頃まで直射日光が当たり少し心配したが、その後そこに置いたまま通常の管理をした。同じく四枚葉が育ち、丈は伸びずがっちりとした葉姿で虎もよく出、虎ものらしくなってきた。。今年も大きな新芽が上がっている。

 守門山1a   守門山1b   守門山1c

 昔の本には難しいことばかり書いてあり、真似たが一向に虎が出なかった。蘭友に直射日光に当てなければだめだと言われ今のやり方に変えたが、順調に虎が出ている。
こちらは本体のほう。

 守門山2a 守門山2b 守門山2c 守門山2d

 新芽が二個見えるがもっと増えるかもしれない。。。
虎出しの名人にはもっと細かく虎が切れなければだめだとか何とか言われそうだが、まあこんなものかと思っている。それでは進歩がないか。。。

コメント

非公開コメント

No title

昔やり始めの頃に色々やりましたよ。数を増やす事が目標みたいなもので、中でもイモ吹かしが安上がりかと。でも上手くいった物も、その後のいい加減な扱いで結局は元の木阿弥。蘭に対する謙虚さ?が無かったのでしょうか。今は?、、、。ところで、この虎斑と言う柄、見方の問題なのか余り好きじゃないです。出す技術が面白いようですが。日本春蘭の古典銘柄に多く見られますよね。中国春蘭には有名な物が有るのでしょうか。九華には赤虎と言うのが有りましたね。これから出て来るのでしょうか。最後に、なぞかけを。負けてる時の阪神タイガースとかけて、光不足の守門山と解きます、その心は、、。どちらもフガイナイ。お粗末!

No title

僕は虎に限らず柄物全体にあまり興味がありません。蘭は花がなければ蘭ではないと思っていますから。観葉植物ではないですし。。でも柄物展では縞ものより虎のほうが見栄えがありますよ。。虎を出すのはただ日光に当てればよいだけですからとても技術とは言えないと思います。

昔綺麗な朶朶香の虎を昆明で買いました。柄は出ますがあまり見栄えはよくありません。朶朶香ですから。。

真似してなぞかけを
我が家の静観とかけて、弱小ラグビーチームと解きます。その心は いつまでたってもトライナイ。。