No1652 朶朶香虎

朶朶香
07 /14 2016
 二十年くらい前昆明の花鳥市場で、貴州省から年越しの金を稼ぎに来ていた蘭農から朶朶香の虎と縞を購入した。縞は手放したが、これは手元に残った。とてもきれいな柄だったが我が家では葉先が枯れるのでどうしようもなかった。。
 葉が薄いので弱かろうと比較的暗いところに置いていたが、ダメもとで今年は日本春蘭虎ものと同じところに置いている。さて秋まで持つかそれとも逆に購入時のように綺麗な虎になるか??

 IMGP3072.jpg   IMGP3073.jpg
 
 葉が薄い=弱い といった先入観にとらわれやすいので、思い切って逆のことに挑戦するのも大切である。。

コメント

非公開コメント

No title

中々、面白い挑戦ですね。とは言っても、蘭本人?にとっては命がけにさらされる事に。そう言いながら実は私も、何年か前に手に入れた無名の朶朶香の縞を綺麗に出そうとして、強めの光の下に置き出しました。発想は同じですが、縞柄は間違ってるのかも。虎斑の出し方は以前のページで出てましたね、日本春蘭でしたが。因みに此の虎斑の朶朶香、葉姿と白色系の斑で全体的にスッキリ見え、真に好みです。購入時はもっと凄かったでしょうね。柄出しに成功したら叫びましょう「トラトラトラ!」と。それと共に増殖を、そして増えたらオークションに。何て。

No title

確か三本立で全く葉傷みのない綺麗な虎でした。性質が弱いのか作が下手なのかうまくいきません。一番前は今年の新木ですが虎が決まってきてますね。葉先が傷まないといいのですが。。他に一鉢か二鉢あります。

「トラトラトラ」懐かしいですね。学生時代に福岡県芦屋町の「赤城」のセットにエキストラで出演しました。当時土方の日当が600~700円くらいでしたが、一日2000円で三日行きました。下士官役でした。映画完成後観たら一瞬ですが写っていました。青春の一ページ。。。