No1779 花芽 吉祥金冠

豆弁
10 /07 2016
 株が大きくなってきたのでたくさん花芽がくるのを期待しているのだが。。新芽が潜ってしまい姿が良くないなあ。。

 IMGP3457.jpg   IMGP3458.jpg   IMGP3459.jpg

 豆弁は結構遅くに花芽がくるのでまだまだ。。小さいのが一つ見える。。暗くて分かりにくいかも。
一昨年の花を超える良い花を期待。。

コメント

非公開コメント

No title

一昨日の小虎頭蘭が№422からとの事。見ていたら、同ページに豆弁白覆輪も紹介されてました。で、今日のアップ。あれっと思って、遡ると№561と1097に、そして1116でこの名前に命名と。以後1328、1534に登場。何時もの事ながら履歴がハッキリしており、何処の蘭の骨?否、馬の骨とは違う。流通の世界でのトレーサビリティーと言うか、最近の物に何か怪しさを感じてるので。例えば、何十年も前からの株分けで増えて来た伝統中国蘭なんかが好きですね。骨董趣味かも。

No title

同感です。かなり前から韓国や台湾、中国での薬品による強制芽変わり種や人工交配種があり、あるいは日本でも人工交配した種の山蒔き(かなり前の散斑種の交配山蒔き、最近の三河産赤花など)も枚挙にいとまがありません。いまだに韓国産縞などオークションを賑わしてますが全然興味がありません。寒蘭でも素性の分からない交配山蒔き種が相当出回っていると思います。できるだけ買わないようにしています。
昔の名品を凌ぐ科技草はそうそう出ないと確信しています。どんなにすごい花でもどこか不自然さを感じるものには手を出しません。

No title

他所では寒蘭の開花がちらほら見られるようですが、我が家ではまだです。
従って同じ蘭の記事が多くなりすみませんね。葉潜り蝿にやられませんように。。