No1795 国旗

寒蘭
10 /21 2016
日向寒蘭 紅 ベタ舌
 これも早咲き種らしい。早く咲きすぎて毎年蘭展に出せない。

 IMGP3632.jpg   IMGP3635.jpg

 一昨年遮光ネットの一部がめくれているのに気づかず、直射に長く当てすぎ黒点が出てしまった。数鉢やられたが明らかに注意力の不足。。申し訳ない。薬剤散布で広がるのは抑えられたが、綺麗に治るわけではない。また数年かかる。。。

コメント

非公開コメント

No title

葉上高く咲くでもなし、共軸でもなく、花数も多くなく、あまり好きでないベタ舌と、、、。それでも何となく良いですね。紅色の花弁と白覆輪状のベタ舌とのバランスが舌妙、否、絶妙ゆえか。
 ところで黒点が出た件、興味深々です。1枚目の数か所に見える黒点ですかね。これだとしたら拙宅の風蘭に出たのと似てます。強光線で焼けたような楕円状の点?点と言うより少し大きめの。その後広がる事なく、無くなる事も有りませんでした。分からない黒点ですが「薬剤散布で抑えられた、、」との事、考えもしなかった方法。また、この件と関係するのかどうか、強めの光を当て過ぎた為かもっと小さな黒点が多数葉に出た中国春蘭系が有ります。古木の葉の少し位の黒点は気になりませんが、全面に出ると病気で無いとしても観賞価値が、、。この黒点の問題、私にとってはタイムリーな事で、知りたい問題でしたから。

No title

私はもともと春蘭のベタ舌に対し興味が薄く、どうして皆(特に中国人が)がベタベタと騒ぐのか分かりませんでした。今でもそうですが。。
寒蘭の場合、花弁の違い、特徴の中で特に舌の占める割合が大きいように思います。大舌、舟底舌、ベタ舌。。。それと花全体のバランスで好きな花が決まります。
当然好みは人それぞれですから、素心や青花の好きな人、紅の細弁大花が好きな人がいて当然ですね。
国旗はあまり日の丸に似ているとは思いませんが特に好きな花の一つです。

病気については素人ですので皆がそういうのでそうだろうと思っているにすぎません。黒点病と炭疽病の区別も分かりません。ネットでいろんな情報を知ることができますが、なるほどと思いながらも内心どうでもよいと感じてます。
我々の病気もそうですが原因や治療法を知ったところでどうにもならないことがたくさんあります。たくさん薬を売るため、あるいは高価な機械の代金の償却のため、技術を磨くため必要のない手術を勧めるなどいろいろありそうです。。
自分のところだけ無菌室みたいに完ぺきに環境を整え殺菌を徹底しても意味があるとも思えません。蘭の病気なんて元々そんなものだと思い、元気に育つように世話をするくらいでいいかなと。。黒点の出たものは新木にうつらないようですので何年か根気よく作ればまたきれいな株になります。
難しく考えすぎると何事も楽しくありませんから。。
すみません。長くなりました。

No title

【国旗】は日の丸からでしたか、そうだと思いながらも?でしたから。映像からですが葉上高く咲くと花が中心になり、葉姿が外れます。全体との調和と言うのかバランスと言うのか、そう言う感じから安心して観れます。程ほどの緊張感、それが良いのか、と。蓮弁蘭、九華等の開花時と似てる感じも。ザックリ言うなら、安らぎでしょうか。確かに人それぞれですが、、。

黒点の件でのご意見、同感です。まぁ、おおらかに遣って行きますか。但し、ダニやアブラムシ等には厳罰を!むし出来ません、なんて。