No1978 求死不得

未分類
02 /03 2017
求死不得 qiu si bu de  苦痛の極み
 実際には「求生不得、求死不能、生不如死」と伸ばして言うことが多いようです。
「生きたくてもダメ、死にたくても死ねない、あまりの苦痛に死んだほうがましだ」
 人を拷問にかけ情報を引き出す、あるいは罪を白状させるときに言います。その拷問は過酷を極めました。

 また死刑に処す時も斬首や毒殺などは犯した罪のわりに寛大すぎる(便宜pian yi)と言われ、もっと過酷な刑に処すべきだと不満を言うものもいました。
 歴史上有名な四大酷刑
 
http://www.kejixun.com/article/201406/47136.html より
1.車裂 五馬分屍
2.凌迟  千刀万剐
3.腰斬
4.剥皮

凌迟 は他の処刑方法と異なり字面から処刑の仕方が想像できません。ピンインがling chiであることからリンチのことかという人もいるようですが時代的に合いません。
元々は「なだらかな山の斜面」を意味し、転じてゆっくり少しずつ苦痛を与え処刑する方法(千刀万剐)のことを言うようになったそうです。百度知識より

 気分の悪くなる方もおられるかもしれないので、詳細は省略します。いずれも見せしめ的要素が強かったのかなあと思います。近年まで公開で行われていたため、検索すればたくさん画像が出てきますがあまりお勧めしません。
「中国歴史五千年」などの書籍を読むと残虐な刑がたくさん出てきます。

コメント

非公開コメント