No2004 宋梅

伝統中国春蘭
02 /16 2017
 我が家では加温など一切しないのでようやく中国春蘭が開花し始めた。やはり今年は例年より寒いのかも。。
 IMGP4841.jpg   IMGP4842.jpg   IMGP4843.jpg
 老種は大好きで咲いてくれるととても嬉しいものだなあ。。まだまだ花茎が伸びない。。

コメント

非公開コメント

No title

300年程前に[宋錦旋]さんが発見した蘭と。その歴史から色々な逸話、栽培方法が、、。昔の雑誌に宋梅ばかりを栽培している達人が載ってましたが、今の組織培養で大量栽培しているのと似て非なるもの。私も20数年前に手に入れて、その魅力から増やそうと。数年後、№1096のような感じで10数本立に4本の花が咲くまでに。その頃が絶頂期か。その後、慢心と仕事にかまけてボロボロに。枯らす事だけは免れ、数鉢に分割した株は大きく成らず現在進行中。花は何時?観れるか、ガマン。唯、5~6年前から花付きを順次購入。どれも綺麗だし、立派で花もシッカリ。何よりも安く簡単に手に入る。が、何故か香りが弱い、或いは無いのか、と感じてる。不思議!まぁ~観察中です。今年も咲けば、、判る。

兎に角、素晴らしい蘭です、宋梅は。中国春蘭系の中でも最高峰の部類では。
その事を九州方面の人に聞くと「そう:ばい」と、、、、なんて。

簡単字、そのまま表示されてるのでは。「移花接木」は、そのままですね。




No title

中国春蘭は総体にそうですが、特に宋梅はいろんな表情を見せてくれますね。花弁がまん丸に咲いたり、舌無点あるいは紅一点となったり。。毎年飽きることなく楽しめます。
香りについてですが、香りが薄くなったという人が多いような。。個人的には自分の鼻がばかになったのではと思っています。花の時期に来た人はすごい匂いだと言いますが、私はあまり感じなくなりましたから。。初めての新鮮な感覚が薄れてしまったのかもと。。