No2049 大魁荷と憲荷

伝統中国春蘭
03 /17 2017
 蘭蕙小史の説明が極めて簡単なのでよく分からない。そこでネットで蘭華譜を探し比べてみることにした。
大魁荷
葉姿 「大富貴」に似たる濶葉にして光沢姿勢稍稍及ばざる所あり。
花容 三弁濶大円頭、貝殻形捧心、大円舌にて、花の大きさも形も「大富貴」に似たれど、花弁やや薄く、花色浄緑ならず暗い感じありて落肩咲きなるは惜しまれる。(蘭蕙小史にも「色は浄緑といえず肩も一字肩といえない」とある。)
IMGP5133.jpg
憲荷 
 発見の年代及び発見者不祥なれど、相当古くより名を知られたる佳品なり。
葉姿 大葉にして長く、中間より上は静かに円く垂れたる写真のごとき悠々迫らざる姿勢有り。
花容 三弁濶き平辺の大花にして(直径二寸以上)、翠緑色の平肩、貝殻形の捧心、大円舌の白色鮮やかなる上に二引きの紅点あり、花茎は長幹約四五寸なるを常とす。
IMGP5135_201703161641177d0.jpg

 以上を参考に「大魁荷」、「憲荷」で買った蘭を比べてみよう。。
業者より「大魁荷」で買った花。        舌点はU字
 IMGP5130.jpg IMGP5131.jpg IMGP5132.jpg IMGP5136.jpg
別の業者より「憲荷」で買った花。(花なし小苗を購入)舌点は二引き
 IMGP5125.jpg IMGP5129.jpg IMGP5128.jpg IMGP5139.jpg
 大富貴と比べると花型、葉姿ともかなり違う。
 大富貴
 また花の大きさを比べると「憲荷」で買った花のほうが大きい。
 IMGP5141.jpg
 葉姿や大きさは環境や育て方にもよる部分があると思うので、以上の点について検討してみた。結果それぞれその名で買ったものは間違いがないように思う。もちろん似た花と混同している可能性も否定できないが。。。
 また中国のあるサイトでは
憲荷は「外三弁と捧弁に紅筋がある」とあり、一方大魁荷には「花色は緑で光沢がなく暗い感じがする。」となっている。どういうわけだろうか。何か日本の雑誌でも見てこう書いているのだろうか??
  http://www.docin.com/p-611917282.html

コメント

非公開コメント