No2115 ピアナンと蓮弁

中国春蘭
04 /17 2017
ピアナン  葉がカヤに似ていることからカヤ蘭ともいわれる(榧蘭とは別物)
 
中国語学名では 菅草兰 jian cao lan といい、俗名は 埤雅南春蘭 埤雅南蘭 埤南春蘭 埤南蘭 埤亞蘭など。(産地名に因んでこれらの呼び方がある。戦後 埤雅南から埤南村となり現在は南山村)    (菅草とはメガルカヤ雌刈る萱のこと)
ラテン名 Cymbidium goeringii (Rchb. f.) Rchb. F. var. tortisepalum (Fukuyama) Y.S.Wu et S.C.Chen

 元々は台湾春蘭の一種ピアナンのことを菅草兰と呼んでいたが、後に雲南などに産出する蓮弁蘭が同じ種であることが確認され、両者を菅草兰と呼ぶようになった。(ということは埤雅南蘭などは俗称で、蓮弁蘭もまた雲南、四川などでの俗称ということか)

参考
http://baike.baidu.com/client/view/6250214.htm?sefr=enterbtn
http://biblio.taibif.tw/taxonomy/term/153649?page=371

コメント

非公開コメント