No2121 春剣と蓮弁蘭

中国春蘭
04 /20 2017
春剣と蓮弁蘭の区別について蘭花交易網に慮思聪教授の説明が紹介してあります。 2005年
http://forum.hmlan.com/showtopic-106-119426-0-0-1.htm
しかしこれを読んでも両者の違いがよく分かりません。
 ずっと下のほうにzfl氏が慮思聪教授は多分両者を栽培したことがないかどちらか一方だけを栽培したのではないか。間違いが多く余計皆を混乱させるだけだと指摘しています。
同じく交易網に「听香阁兰花」氏がこれに関して投稿しています。業者の方らしく説明がやや丁寧です。2009年
http://forum.hmlan.com/showtopic-20-313581-1-0-1.htm
春剣の学名はc.goeringil vat.longibracteaum,
 主産地は四川で雲南、貴州、広西などにも産する。花色は主に青麻で次に紅麻が多く稀に白花や黄花があり、そのうち黄花素心の西蜀道光は不朽の逸品といえ四川春剣市場のバロメーターとみられている。最近春剣も徐々に全国の蘭友に受け入れられ、ダークホース的感があり非常に多くの優良品が選出され高級蘭花市場の重要な位置を占めている。
 野生春剣の葉の色は濃緑で、葉幅は一般に1~1.8cm、長さは通常45cm位で葉姿は力強く直立し端麗で、おおらかに舞っているようで整然としていて、大きすぎず小さすぎず剣のように直立する。
 葉には緑色の葉脈が明らかで葉質はきめ細やかでしっとりと丈夫であるが粗くはなく、鋸歯がある。一篠の葉数はほとんどが5枚で付け(離脱層)がない。通常3花前後着き花期は蓮弁に同じ。
個人的には春剣の桃園三決義など一部の細葉種は実は蓮弁蘭ではないかと思っている。

蓮弁蘭の学名はcymbidium.tortisepalum.
 主たる産地は雲南である。野生蓮弁の葉は非常に細長く、垂れたものが多い。普通葉幅は0.4~0.8cmでそれ以上のものは壮草とみなされる。通常長さは35~55cmで一篠の葉数は7枚位、花は3~5花着く。花色は主に白色で、次に紅色、黄色と白色でほとんどが美しく鮮やかである。多くの名品が選出栽培されている。ここ数年蓮弁の一篠の最高価格はそのほかの蘭の単価に負けたことがない。
 素心に咲くもの以外、ほとんどの蓮弁の新芽は紫紅色を呈する。このため曾て多くの昆明の業者が成都の青石橋にやってきてこれを見せて紅花が咲くと売ったものだ。葉色は光沢のある澄んだ緑で、葉脈ははっきりしているが特に際立った緑色というわけではない。鋸歯はあまり荒くなく付けはない。花期は春剣や春蘭と同じ。
個人的に蓮弁蘭の大雪素などの広葉種は春剣の変種だろうと思っている。

 また他に葉を見ればおおよそわかるという意見があるが、春剣にも軟葉種や矮性のものがあり、蓮弁にも硬い立葉があるので決定打とは言えないという人も。
 また春剣の花は色合いが暗く複色が多く、蓮弁は明るい色が多いという人もいるがこれも一概には言えない。
 根についてもほとんど差がなく決め手にならないようだ。 どちらも交易網より
野生春剣の根               蓮弁の根
20161123512_7aee3c3d.jpg  野生春剑的根   根蓮弁の
 科学的に特定する方法もあるだろうが、趣味者としてはそこまでの興味はない。通常種のものについて葉(長さ、幅、数)や花の感じで自分なりに判別すればよいのではと思います。
(訳に不正確な点が多々あると思います。)

コメント

非公開コメント