No2459 中国朋友

未分類
02 /08 2018
 先日、最近知り合った中国人夫妻が拙宅を訪れた。メールでレンコンの話をしたら自分もぜひ掘ってみたいというので招待した。
家の裏に蓮池があり冬季には水を抜くので隣保のものは誰でも掘れる。
 IMGP7718.jpg   IMGP7716.jpg
 大きなレンコンが出てくるたびに大声をあげ喜び、奥さんはしきりに写真を撮っていた。そんなことが信じられないという息子に見せてあげるのだとのこと。蘭も最近始めたそうで熱心に見てくれた。近くの飯屋に昼食に行き、中国語で会話した。お二人とも東北出身とのことで、綺麗な発音だったのでよくわかった。話すのは数年ぶりだったが何とか会話ができた。
 また春蘭展のおりぜひ再訪したいと喜んで帰った。

コメント

非公開コメント

No title

「有朋自遠方来 不亦楽乎」
思わず浮かびました、論語の1節を。(漢字は調べ直しましたが、、)
真に遠方からですね、最近のインバウンド事情を象徴してるとも、、。近づく春節も関係してるのかな。良かったですね、レンコン掘りをして喜んで帰られたとの事。

そこで、蓮池は広くまだまだレンコンが取れそうなので、自宅を民宿にしてレンコンツアーを企画してみては?口コミで繁盛、、、。なんて。孔子様に怒られる。スミマセン!

No title

すみません。近くの友です。京都に住んで30年とのことでした。京都大他いくつかの大学で中国語を教えて生計を立てているそうです。最近中国蘭を始めてヤフオクで私の蘭を買ったのがきっかけです。
レンコンて高いんですね。一冬で軽トラ買ったと自慢している爺さんもいました。私は肩やひじを壊してしまいぼつぼつ掘ってます。

No title

そうでしたか、京都在住の大学の先生と。なん~だ、勝手に色々作り話を考えましたが、勇み足ならぬ一人相撲でした。恥ずかしい!穴が有ったら、そうだ、レンコンの穴にでも入りたい。なんて、、。