No 468 貫入釉その2

陶芸
12 /24 2013
貫入釉と鉄赤釉を併用すると赤の網目あるいはキリン模様を得ることができる。極めて変化が大きく楽しい。

貫入釉と鉄赤釉 その1
 008_20131224200856c27.jpg  009_20131224200854a08.jpg  010_20131224200856e1d.jpg
 018_2013122420092880f.jpg  019_20131224200931327.jpg
赤い網目模様の中に白く貫入状に色が抜けている。下は室内で明かりの下フラッシュで。なかなか実物の色を表せない。小振りな茶碗だが最もお気に入り。

 005_20131224201922951.jpg  006_20131224201922ed7.jpg  007_20131224201924c36.jpg
やや釉薬が濃いのか綺麗な貫入ではないがとても深みのある色合いでお気に入り。

 011_201312242019496d8.jpg  012_20131224201951668.jpg  013_20131224201952cb9.jpg
これはキリン模様というか貫入部の色が抜けてまた違った趣がある。

 014_20131224202014d45.jpg  015_2013122420201668f.jpg  017_20131224202017a8d.jpg
ベージュ地に白い貫入と濃い赤貫入が一面を覆う。

この手はまだまだ変化があるのでいくつかのタイプをご紹介します。

コメント

非公開コメント