No 495 宋万字 宋富貴

科技草
01 /24 2014
科技草
 中国や韓国では、今やほとんどの老種も組織培養により大量生産されたものが大量に出回るようになりました。また、春蘭同士の交配、春蘭と他品種との交配および誘発剤を用いて人工的に芽変わりさせたものを組織培養により大量に生産することが当たり前になってしまいました。十数年前頃から盛んに行われ大量に出荷されています。

 すでに紹介しました緑雲や大富貴の覆輪、縞、中透けもオークションでよく見かけます。奥地の蘭も蓮弁、豆弁赤花など組培されるようになってかなり経ちます。現地では命名品が並品と同じような価格で売りに出されてもなかなか売れず低迷したままのようです。
 日本でも間もなく豆弁赤花や奇花がオークションを賑わすでしょう。

今回は老種同士の交配種をご紹介。(赤字をクリックしてください)

宋梅x万字        宋梅x大富貴
 宋万字        宋富贵

 いずれもなかなかの完成度でとても良い花に見えます。鉢あげして何年か後、山採りとして出されるとどうでしょう。それぞれ親の特徴が何となくあるような気もしますが、そういわれなければ特定するのはかなり難しいように思います。

コメント

非公開コメント