No 514 蓮弁最新価格などについて

未分類
02 /15 2014
 日本ではなかなか蓮弁などの現地価格を知る機会がありません。蘭価低迷以前は雲南蘭花網がたくさんの蘭友を集めとても賑っていました。取引価格など情報もたくさんありました。今ではすっかり寂れあまり投稿もありません。

鶴慶蘭花網はまあまあの訪問者があり、蓮弁の交易価格を公開しています。

 
2014年1月27日鶴慶県蘭花市場交易部分統計

五朶金花といわれた剣陽蝶(天下第一蝶花)、奇花素(素馨第一奇花)、滇梅(滇蘭第一梅弁)、蒼山奇蝶(千面観音)、黄金海岸(蓮弁奇花之首)はその増殖率ゆえ本当に安くなってしまいました。

また江浙地帯のいわゆる中国春蘭については東方蘭花網の最新蘭価で知ることができましたが、最近あまり更新されていません。

 
 
最新蘭価

以前から中国各地の蘭サイトや、韓国の韓国蘭花網 現在の世界蘭文化交流会http://www.koreanorchid.com/ko_xe/index
などでは結構正直に価格、科技草についての情報を発信しています。緑雲の芽変わり促進剤による覆輪、散り斑、縞などかなり前に紹介していました。また緑雲のメリクロン苗成木100本いくらとか卸売りもしていました。最近あまり見ていませんのでその後のことは詳しくは知りませんが。。

蘭花交易網などのオークションで老種メリクロン苗や山採り新種の大体の値段を知ることができます。

もちろんこれらは現地での話ですから、これらを日本に持ち込む手間、リスクを考えると少し高くてもやむをえないとは思いますが。。。



コメント

非公開コメント