No2115 ピアナンと蓮弁

中国春蘭
04 /17 2017
ピアナン  葉がカヤに似ていることからカヤ蘭ともいわれる(榧蘭とは別物)
 
中国語学名では 菅草兰 jian cao lan といい、俗名は 埤雅南春蘭 埤雅南蘭 埤南春蘭 埤南蘭 埤亞蘭など。(産地名に因んでこれらの呼び方がある。戦後 埤雅南から埤南村となり現在は南山村)    (菅草とはメガルカヤ雌刈る萱のこと)
ラテン名 Cymbidium goeringii (Rchb. f.) Rchb. F. var. tortisepalum (Fukuyama) Y.S.Wu et S.C.Chen

 元々は台湾春蘭の一種ピアナンのことを菅草兰と呼んでいたが、後に雲南などに産出する蓮弁蘭が同じ種であることが確認され、両者を菅草兰と呼ぶようになった。(ということは埤雅南蘭などは俗称で、蓮弁蘭もまた雲南、四川などでの俗称ということか)

参考
http://baike.baidu.com/client/view/6250214.htm?sefr=enterbtn
http://biblio.taibif.tw/taxonomy/term/153649?page=371

No2096 春剣その1

中国春蘭
04 /07 2017
 昔買った春剣の並花。
 IMGP5449.jpg   IMGP5450.jpg   IMGP5451.jpg
 小型ですっきりした花。何となく気に入っている。。

No2093 山採り中国春蘭その2

中国春蘭
04 /05 2017
 先に紫花で紹介した、昆明で購入した山苗のひとつ。確か4,5株買ったように思うが。。記憶が曖昧。。
 IMGP5498.jpg   IMGP5500.jpg   IMGP5501.jpg
 これはまた小さな木に小さな花が咲いた。。素心に見えるが先のほうに紅点がある。。あまり香りがないような。。
 昔は昆明の花鳥市場に四川、貴州あるいは上海からもドンゴロス(大きな麻袋)でたくさんの蘭が運ばれてきていた。道端で袋の口を開けたたき売りしていたものだ。香りがないということは湖北省産かもしれない??

No2031 山採り中国春蘭

中国春蘭
03 /07 2017
 昔、昆明で山採りの小苗ということで数株入手した。数年前からようやく咲き出した。その一つで蕾の時は真っ黒だが(一枚目は写真撮るのが遅過ぎた)、開花につれ緑が乗ってくる。
 IMGP4932.jpg
 IMGP4963.jpg IMGP4964.jpg IMGP4965.jpg IMGP4966.jpg
 咲かせたことはないが天紫晃でも、キャップをして上手いタイミングで外さないと緑が乗ると聞いたことがある。この花も遮光処理してやればもっと紫に咲くのかもしれないが、面倒なことが嫌いでその気が起こらない。。

No2029 天興梅

中国春蘭
03 /06 2017
 いくつか買ったがどうやらこれが本物らしい。毎年安定してこの花型に咲く。
 IMGP4915.jpg   IMGP4916.jpg   IMGP4917.jpg
 他のはくちゃっと潰れたような花が多く葉型が似ているので混同しているのだろう。。年による咲き方の違いだという人もいるようだが、まったくの別種だと思っている。。